遺品整理時の注意点/見積もりで気になることがないか注意

見積もりの際に注意しなければならないことも色々とありますが、1番見落としがちなのが印鑑です。見積もりの時の責任者の印鑑は事前に必ず確認するようにして下さい。この印鑑を見落としてしまう方は非常に多いですが、見積もりした後の要望や作業後のクレームなどを伝える際も責任者の印鑑があるのとないのとでは対応に大きな違いが出てきます。忘れずに確認するようにしましょう。

分かりやすい見積書であるかどうか、どの作業にどれだけの料金がかかるかきちんと記載されているかどうかも確認してください。たまに「○○の場合は別途請求」などと記載されている見積書を出す業者が居ます。これは作業当日に急遽予定が狂ってしまった場合に発生する料金について掲載しているのだと思いますが、金額が曖昧すぎますので事前に確認するようにして下さい。

追加料金についても注意しなければなりません。遺族でさえ部屋の中に何があるかは把握していないので、追加料金が発生してしまうことは仕方のないことです。下見の際に全ての物を確認するのは不可能ですので、見積もりと全く同じ金額になるということはまずありま得ません。しかし、処分するのにお金がかかるからと、どんどん追加料金を上乗せされて見積もり時とは大幅に費用が違うようになるということもあります。

考えていた予算と大きく異なってくると遺族側も大変になってしまいますので、見積もりで何か少しでも気になるところがあれば質問するようにして下さい。

トップページへ戻る