遺品整理時の注意点/事前に確認しておこう

遺品整理を行ってもらう際は故人の遺品に対する想いを事前にきちんと伝えることを忘れないようにして下さい。遺品整理というのは物だけでなく思いも扱う繊細なことですので、遺品に対する想いや気になっていることがあればきちんと業者に話すことがとても大切です。

遺族の思いをきちんと考えてくれる業者であればしっかりと話しを聞いてくれます。話しをきちんと聞いてくれないような業者は遺品をただの不用品の処分としてしか捉えていないことが多く、遺品を丁寧に扱わず粗雑に扱うことが多いです。ここで話しを聞いてくれないから必ずしもそうであるとは言い切れませんが、と軽い返事をするような業者は避けた方が懸命でしょう。

要望が通るかどうかも確認しておきたいですね。例えば作業の当日近隣にあまり目立たないようにして欲しい、作業中にある物(例えば写真など)が見つかったら遺品として残したいので、きちんと取っておいて欲しいなど。細かい要望でも良いので、作業員が下見に来た時に確認するようにしましょう。全ての要望が通るというわけにはいきませんが、遺族の要望に真剣に耳を傾けてくれるかどうかで作業員の質や姿勢が良く分かります。

遺品整理というのはそんなに多く行うことではありません。遺品整理を業者にお願いする方のほとんどが初めての経験であることが多いです。そのため、遺品整理を行う際は不安なこともありますし、気になることもたくさん出てくると思います。小さな不安も遠慮せずに伝えていきましょう。

トップページへ戻る